子供と一緒の部屋に寝ていてもセックスは可能?

同じ部屋でする

子供は寝たら、なかなか目が覚めないから、同じ部屋で寝ていても気にせずにする。
もし目が覚めても、何をやっているか分からないから大丈夫。
なんて豪胆な夫婦もいるかもしれません。
しかしやはり大半の夫婦は、目の前に子供がいたら、まずエッチな気持ちになれないのではないでしょうか?
それにもしセックスの最中に子供が目を覚ました場合、子供の年齢にもよりますが、その状況を覚えているものです。
そしてその時にはそれがセックスだと理解していなくても、成長とともにあの時両親は・・・と気づくはずです。
子供のトラウマにならないように、あまり子供の目の触れる場所でセックスをするのは控えた方がいいでしょう。

部屋を移動する

単純な話、子供が寝た後に、夫婦はセックスをするために部屋を抜け出し、セックスが終われば部屋に戻ってくればいいのです。
家の間取りにもよりますが、隣の部屋やリビングのソファ、またはお風呂場でするという方法もあります。
他にも子供が目が覚めた時に、すぐに部屋に戻れるように、服はなるべく脱がなかったり、声が聞こえないように口をふさいだり。
いろいろ工夫をしながらセックスをしている夫婦も少なくありません。

子供が一緒に寝る事でセックスレスになる一因になりがちですが、ここでどうセックスレスを回避するのかでその後の夫婦関係は大きく違ってくるでしょう。

子供と同じ部屋で寝ていてもセックスをする方法

子供が小さいうちは、子供と一緒の部屋で寝るという夫婦も少なくありません。
子供が小さいうちから寝室は別にする、諸外国からすれば、甘やかしすぎと思われるかもしれません。
しかし子供が小さいうちなんて人生からすればわずかな期間ですから、その期間ぐらいは一緒にいたいと思う気持ちもあるでしょう。
ですがセックスレスになると困る事もいろいろあるので、子供と同じ部屋で寝ていてもセックスをする方法について紹介したいと思います。

子供がいない日中にする

子供も昼間は幼稚園に行ったり、友達と遊んだりと、家にずっといるわけではありません。
セックスは夜にするという人も多いと思いますが、必ずしも夜でなければしてはいけないという事はありません。
旦那さんの仕事によっては難しいケースもあるかもしれませんが、可能な場合は日中の昼間にセックスをすれば子供に見られる心配はありません。

ラブホテルを利用する

夜にセックスをする場合、子供がいる部屋の中ではやっぱり落ち着かないという夫婦もいるでしょう。
その場合はあまり頻度を多くというわけにはいきませんが、月に1~2回ぐらいのペースであれば、ラブホテルを利用する方法もあります。
両親が近くに住んでいて預ける事が出来るのであれば、いい方法ですよね。
もちろん必ずラブホテルでセックスという時間の過ごし方をしなくても、夫婦でデートをするだけでも十分です。
家族の時間も大切ですが、子供はいつか大人になって自立してしまいます。
子供が自立した後は、また夫婦2人の時間が長く続くわけです。

ですから子供中心になりすぎずに、夫婦の時間も大切にする事が大切だと言えるでしょう。