モーニングセックスの方が合わせやすい

私たちの多くはセックスとは夜に行う行為である。
そんなふうに思っている人が多いでしょう。
しかし実は朝にセックスをする事の方が身体の機能的に見て理に適っているのです。
朝男性は勃起しますよね。
言葉は悪いかもしれませんが、勃起するのだからその状態を解消するのにセックスをすればいいというわけです。

また女性の身体も朝の方が脳の神経物質は敏感になり、夜よりも感じやすいのです。
マンネリ化によりセックスレスになってしまった夫婦に対しても、モーニングセックスで明るいところでするセックスは刺激になるのではないでしょうか?

それにモーニングセックスの方が時間が合わせやすいと言えるでしょう。
夜なら、夫が仕事で残業があり深夜にならないと帰ってこない、なんて状況もあるかもしれません。
夜だとお互いに1日終わって疲れた状態ですよね。
そこからさらに体力を使うセックスをするという気持ちにもなりにくいのではないでしょうか?

朝は夜が遅くても仕事がありますから、どっちにしろ起きなければいけません。
そして朝早起きする方が脳が活性化し、仕事もはかどる要因になり、帰宅時間が早くなるなんてメリットもあるかもしれません。

モーニングセックスにはメリットがある事は事実です。
しかしセックスとは無理にして上手くいく行為ではありません。

朝からセックスなんてする精神的余裕はないという人もいるでしょう。
朝は血圧が低く、動けないという人もいるかもしれません。
身体の機能的にモーニングセックスはいいと言われていますが、人それぞれですから、合う合わないがあります。

あまり無視にセックスをしないとと強制されてする事が過大なストレスになるので注意して下さい。

モーニングセックス・女性編

モーニングセックスが身体の機能的にもお勧めなのですが、それは男性側の立場で紹介されているケースが多いのです。
確かに朝だちする現象は男性特有のものです。
それに朝早起きする事で、脳が活発になり、仕事もはかどるというのも男性目線の考えです。
しかしモーニングセックスは女性にもメリットがある事を紹介したいと思います。

モーニングセックスの女性へのメリット

ではモーニングセックスの女性のメリットですが、セックスをする事で女性ホルモンが活発になります。
朝はメイクをするという女性も多いと思いますが、モーニングセックスをする事で化粧のノリがよくなるでしょう。
また女性は低血圧の人が多いですよね。
そのため朝から激しいセックスは無理ですが、スローセックスのようにゆったりとしたセックスであれば低血圧にも効果的です。
セックスによりゆっくり身体が目覚めてくるため、頭が働かないなどの症状が改善される可能性があります。

モーニングセックスの女性へのデメリット

ただし、モーニングセックスはメリットもありますが、デメリットもあります。
朝は女性の方が準備に時間がかかりますよね。
家を出る1時間前には起きて外出の準備をしているなんて人も多いと思いますし、朝食の準備も女性がするという家庭が多いでしょう。
その結果、セックスをした後に朝食の準備と、シャワーを浴びてメイクに着替えにヘアセットととにかく慌ただしい状況になってしまいます。
かといって、あまりに早く起きるのは男性の方が協力してくれないでしょう。

それにセックスは男性は出して朝からスッキリとするかもしれませんが、女性は朝からセックスをして体力的に負担になる。
身体が怠いなんて事にならないように、モーニングセックスは激しいセックスではなく、かといって時間がないのでスローセックスでもなく。
短時間で身体に負担が少ないセックスを心がけましょう。